テーマ:故郷

№994 熱中症警戒アラート

8月11日は熱中症警戒アラートが発表されました。 埼玉県では体温を超える気温。すぐ隣の群馬県伊勢崎市では日中40.5℃!! 美里でも山の裾に熱気がこもり、39℃の暑さ。 <その日の朝> なんと・・・92歳の母は朝づくりに草むしりをするといいます。 この草だらけのブルーベリーの畑を・・・ 娘の私が「止めて。」と言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№985 いとこのひまわり畑・その2

今週も用事があって2泊3日で故郷に帰ってきました。 1週間前、花盛りだったいとこのひまわり畑が脚光を浴びているようです。 なんと!!いとこのひまわり畑の記事が「埼玉新聞」に載ったのです。 別の従姉妹からの連絡で知りました。道行く人が止まって見ているとのこと。 今のひまわり畑 1週間前と比べると種が充実した感じで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№979 ブルーベリージャム

美里ではブルーベリーが熟し、摘み取りが始まりました。 遠くに住んでいる孫たちはブルーベリーが大好きなので、美里産ブルーベリーをジャムにして送りました。 砂糖を入れて煮詰め・・・ 瓶詰めして、ラベルを張って・・・ 袋詰め クール宅急便で・・・ いってらっしゃ~い!! 明後日の午前中には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№978 いとこのひまわり畑 

今週の後半は実家の用足しに美里まで行ってきました。 用事は排水管の高圧洗浄!! 水回りの流れが悪くなったという母の訴え。この際~しっかり洗浄というわけです。 2時間ほどで作業終了。 そうこうしているうちに、いとこがやってきて、敷地内の草刈り作業をやってくれました。 背丈ほどに育った雑草!! 草の種類も年々頑丈そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

№973 大雨特別警報「警戒レベル5」

2020年7月3日と4日、埼玉県北部の実家に帰り、お盆のためのお寺への挨拶やら叔母の一周忌の仏様拝みやら用事を済ませてとんぼ返りしました。 実家の母は夜中に目が覚めるとラジオを聴くのが常です。4日の未明も深夜便のリスナーになっていました。 ところが、いつもの夢うつつのご機嫌な様子と違うのです。真剣そのもの。起き上がってラジオを聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№942 美里でツキノワグマ捕獲

週末から県北美里の実家に用足しに行ってきました。 一人暮らしをしている実家の母(91歳)と、これまた一人暮らしの妹の義母(88歳)、ふたりのおばあさんの用足しに3週間に1回くらいの割で帰っています。 5月23日(土)の町の防災無線の内容にびっくり!! ・・・防災無線要約・・・ 小さなツキノワグマ捕獲 場所円良田地区…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

№922 長泉寺の「骨波田の藤」

5月1日(金)、母と一緒に児玉町の長泉寺の「骨波田の藤」を見てきました。 母は昨年の5月5日にも、デイサービスの遠足でここを訪れたようです。 長泉寺は室町時代に創建された曹洞宗のお寺。児玉三十三霊場三十一番札所。 本堂前の左右二つの棚の藤が「骨波田の藤」といわれていて、埼玉県指定の天然記念物です。 山門を入ると藤の香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№899 田舎道を歩く

2020年4月11日(土)、久しぶりに美里に帰省。この日は週1回の母のデイサービスの日。 母に「お帰り」をするまでにちょっと間があったので山越えの散歩をしました。 ●家から見た菜の花畑と野山 ヤマザクラがちらほら・・・ (山桜の在り処はこの季節しか確認できません) ●裏の丘の上からの眺め 山里の風景そのもの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№898 春の低山ハイク:男衾自然公園

2020年4月11日(土)、実家へ帰る途中、隣町寄居にある「男衾自然公園」の小山を歩きました。 小さな山が尾根でつながっていて、山と山の間の谷は水生花園になっています。 山の木々は萌黄色に芽吹き、桜やヤマツツジが咲き、山野草が山肌で花を開き、山はにぎやかな春の息吹が感じられました。 山里の風景に出会うと、遠い昔が偲ばれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№829 2020正月の「円良田湖」

2020年1月1日お寺さんに新年のご挨拶をした後、 母と町内をドライブしました。 母は週1回のデイサービスの行き帰りに送迎車で町内ドライブを楽しんでいます。そこで・・母の普段行かない所をドライブしてみました。 場所は「円良田湖」 円良田湖は美里町と寄居町にまたがる人造湖。農業用のため池です ここは私が小学校の頃に遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№828 山里の暮れ仕事

山里の暮れの仕事は慌ただしい。 実家は91歳の母が一人暮らし。 お正月の餅の手配 米の精米 庭の植木の剪定 くね刈り  大きくなりすぎたトチノキの枝おろし 伸びすぎた柚子の木の剪定・・・ その他諸々仕事がいっぱい!! それらの仕事のすべてを親戚総出で手伝って(?)くれています。 私たちがわが家の正月準備を終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№820 北武蔵の山ハイク:男衾自然公園の冬桜

12月14日、北武蔵のちっちゃな山をハイキングしました。 場所は男衾(おぶすま)自然公園。故郷美里の隣町・寄居にあるのですが、NHKの放映で公園のことを初めて知りました。 冬桜が見頃とのことなので実家への帰途寄ってみました。 山頂より 冬桜 男衾自然公園はホンダ寄居工場の北側に位置する山で、標高は171m。 山を二つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№791 美里のコスモス満開!!

週末を利用し、実家の母と妹の義母の二人のばあちゃんの様子を見に行ってきました。 夫を亡くした実家の母、息子を亡くした妹の義母、共に一人暮らしで頑張っています。 10月とは思えぬ夏日!!の暑さの残る日でしたが、県北美里の田園風景は秋そのものでした。 色とりどりのコスモスが咲き乱れていました。 これはわが家の前の方に広がる休耕田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№740 田舎の春景色

週末、県北にある故郷美里に行ってきました。 春本番でした。 芽吹いた木々の山の中に、山櫻があちらこちらにポツンポツンと咲いています。 この時季になると桜の木の存在が明らかになります。 民家近くの藪に咲いていたヤマブキ 桜、菜の花、芽吹き・・・田舎の春景色そのものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№709 ふるさと自慢のえごま

私の故郷は県北の美里。ふるさと自慢はいろいろあります。 その1.万葉の里美里。明日香に似た地形、万葉の歌が詠まれた地に歌碑が2か所建てられています。 その2.ブルーベリーの里。植栽面積が日本一。どこの家にも、畑にもブルーベリーの木があります。 その他.あんずの里、○○の里、△△の里、などなど。。。 最近、ふるさと自慢に円良田…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№690 山里の正月

2019年正月。美里は静かで穏やかな正月。 冬枯れの山里をちょっと散策してみると、昔を偲ぶ風景が残っていました。 裏山が北風を遮ってぽかぽか民家。 春を待つ畑 このポンプ使える?? ロウバイやボケの花 ナンテンやピラカンサの実   何とも穏やかな正月風景です。 湯脇の集落を過ぎ、峠を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№678 恵美ちゃんに再会

恵美ちゃんは同郷の一年先輩。保育園、小中高校と同窓生。中高ではいつも恵美ちゃんを道標に学校生活を送っていたことを思い出しました。その恵美ちゃんと偶然48年ぶりの再会を果たすことができました。 恵美ちゃんは、好奇心旺盛なぱっちりした目と優しく穏やかな話しぶりが高校生の時のままでした。 (憧れて入った高校の制服)…恵美ちゃんの紹介の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№551 正月の美里散歩

2018年。今年は戌年。 美里の実家で静かなお正月を過ごしました。    (いつも妹が持ってきてくれる「京乃干支菓子」) 1月1日は冬枯れの故郷を散歩しました。   (北に雪の赤城山が見えます。) 南の山を越えてひと回り。北の丘陵をこえてひと回り。 歩き始めると、畑の中の児童公園。 公園は必要??寒椿が咲いていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№430 頑張れ!!円良田EGOMAクラブ

円良田EGOMAクラブのえごま油 「輝~KAGAYAKI~」をいただきました。 送ってくれたのは、小学校1年の時、隣の席だったKちゃん。 今は円良田EGOMAクラブの会長さんをしています。 円良田湖で有名な円良田地区は、美里町の中でも特に風光明媚な地域です。 しかし、地方の抱える問題はここでも例外ではなかったようです。 農…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№395 万葉の里・美里

故郷埼玉県美里町は陣見山を頂点としてそれに続く丘陵と平野部の水田地帯からなります。 丘陵地帯は明日香を思わせる地形です。 この丘陵地帯の裾野で詠まれた万葉の歌が二首あります。 ●大伴部真足女(おおともべのまたりめ)の歌 ~枕太刀腰に取り佩きま愛しき背ろがめき来む月の知らなく~ 訳 (枕太刀を腰に帯びて、いと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

№383 母の友達のトンビ

母は故里で一人暮らしをしています。 関東平野の北西の外れ。赤城山が北に見える丘陵地帯。 そこで母は自然を友に生きています。 最近、母に友達ができたようです。トンビです。 家の前の電柱に止まったり、畑に下りたりしています。 母が「ピーッ。」と呼ぶと、トンビも「ピーッ」と返事をします。 昼間はわが家の近くでずーっと過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№295 美里町のブルーベリー

故郷美里町は関東平野の外れ。平地から丘陵地帯に続く静かな里です。 この町はブルーベリーの植栽面積日本一!! それなので、どこの家にもみ~んなブルーベリーが植わっているのです。 おばあちゃん(私の母)の育てているブルーベリーも熟し始めました。 濃い紫色の粒はもう甘くなっています。 職場の皆さ~ん。(といっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№244 こだま千本桜

4月3日(日)、こだま千本桜を見に行ってきました。 小山川の河畔5㎞にわたって1,100本の桜が植えられています。 河川敷はとても広く、よく整備されていて散策することができます。 50年も昔、ここをこだま河原と呼んでいました。 わが家の畑が川沿いにあり、父母が蚕の桑切りをしている間河原でよく遊んだものでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№192 笑うトラクター

散歩中のこと、トラクターがこっちを見て笑っています。 美里の丘陵地帯を散歩中に偶然出会ったトラクターです。山道を下ってきた谷の所にいました。 横から見ると・・・・・・やっぱり笑っています。何か言いたそうです。 どこから見てもユーモラスです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№178 色づく美里

美里は今年、柚子や柑橘類が豊作!!紅葉も例年以上にきれいです。 これは、「おにゆず」。きれいな黄色。食べられます。 山里や野は紅葉真っ盛りです。      ・白石から円良田へ向かう途中の道沿いの谷田(やつだ)       ・広木の丘陵のネギ畑       ・円良田から湯本への峠を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№161 美里・秋

一人住まいの母のいる美里。 秋の装いです。 2015年10月25日、5:34 AM  東の空が白んできました。 9:52 AM  子供の頃よく遊んだ前の山からの眺め。 返り咲きのつつじと紅葉した葉の向こうにわが家が見えます。 10:20 AM  のどかな円良田湖。  湖面に釣り糸を垂れ、のんびりとへらぶなを釣る人たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№75 野菜の収穫

数日前実家に帰省した折、親戚の畑で野菜の収穫をさせてもらいました。 キャベツ・白菜・ほうれん草・のらぼう菜など叔父と叔母が丹精込めて育てたものです。   広々とした畑  遠くに陣見山が見えます。 叔母と母たちでのらぼう菜を収穫しています。             大きなキャベツ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№53 冬枯れの美里

「夢はいつも帰っていった  山の麓の寂しい村に・・・」 立原道造の「萱草に寄す」をよむと 心は美里村に戻っていく 信濃追分とは似もつかない村なのに・・・・ それでも、なつかしい故郷は透明に澄んでいる 裏の坂道を登っていったその頂から見える雪の赤城連山 父と歩いた道・・・母と眺めた山・・・  冬枯れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№26 児玉の夕暮れ

秋は夕暮れ 夕日のさして 山の端 いと近うなりたるに 烏のねどころへ行くとて・・・・・ といった感じでした。 9月13日に埼玉県北部の実家に里帰りし、 児玉までちょっと買い物に・・・ その時の空が 秋の夕暮れの空でした。 秋は何とはなしに物悲しい雰囲気です。 「枕草子」の一節が心にしみます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№9 朝摘みブルーベリー

ブログ練習中。 今週の宿題は、ホームページのリンクです。 この連休中に、美里町まで母の顔を見に行ってきました。 実家では、ブルーベリーが食べごろになっていました。 朝5時に起きて、まだ朝露にぬれた実をもいで食べました。 美里町は、ブルーベリー植栽面積が日本一!! ということでどこの家にもブルーベリーの木があるので…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more