テーマ:故郷

№1174 母、骨波田の藤 を見に行く

5月2日(日)、母と一緒に骨波田の藤を見に行ってきました。本庄市児玉町高柳の長泉寺の「骨波田の藤」は樹齢650年以上で、県指定天然記念物です。 藤は薄紫の花を付け、ちょうど見頃。紫色(?)の香りが漂っていました。 樹齢650年の「ムラサキナガフジ」の下の92歳の母!!藤色の洋服がちょっとおしゃれでしょう!!ふじと同化しています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1173 ローズガーデン令和:これから見頃

5月1日(土)、美里町にある「ローズガーデン令和」にお邪魔しました。造園業を営むご夫婦がご自宅の庭をオープンガーデンとして開放しているという新聞記事を見て行ってみたのです。 広大な土地に300本の薔薇が植えられていて秋まで次々に咲き誇るとのことです。 この日は早咲きの薔薇がちらほら咲き出したところで、見頃はもう少し経ってからがよいそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1159 児玉銘菓「塙保己一最中」

4月15日、中学校時代の恩師の奥様から梅月堂の児玉銘菓をたくさんいただきました。 塙保己一最中、和学講談所(ミルク饅頭)、検校もち、小山川千本桜、陣見山の月うさぎ、陣見の秋等々・・・故郷の偉人や懐かしい山や川にちなんだネーミングのお菓子がどっさり届きました。 お菓子の銘柄を見ていると、子ども時代の思い出やふるさとの風景がよみがえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1154 長瀞ドライブ

4月11日(日)萌える山の木々を見に、母と一緒に長瀞方面ドライブに出かけました。コース:児玉~(皆野)~長瀞~円良田湖 <秩父児玉線>黄色い葉の芽吹き 萌える山々山深くなってきましたが、ここはまだ児玉です。 皆野の栗谷瀬橋で荒川を渡ります。 <長 瀞>長瀞駅周辺 お土産店 4月11日は義妹(夫の妹)の誕生日。誕生日プレゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1153 故郷の花の畑

故郷へ帰るとよく訪ねる花の畑があります。畑には季節の花々、野菜、果樹などいろいろ植えられているのですが、目立つのは色とりどりの花たちです。花の畑の奥さんカズコさんは私たちが訪れるのを待っていてくださいます。 畑のハウスの中は暖かで、いろいろな色のスターチスが咲いていました。紫、白、ピンク、黄色。 チドリソウ レタスや野菜と一緒に育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1152 男衾自然公園の山つつじ

2021年4月10(土)美里の実家に帰る途中、男衾自然公園の山つつじと山の木々の芽吹きを見に行ってきました。体調が万全ではないので無理のないコースを登りました。 <コース>駐車場⇒男衾稲荷⇒あずまや展望台(昼食)⇒堂の入山頂⇒山吹通り⇒水生花園⇒駐車場 男衾稲荷から登り始めました。枝垂れ桜が咲いています。 3週間前に咲いていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1134 鉢形城公園の「エドヒガン」満開

3月19日、母と皆野~児玉方面をドライブしたついでに、鉢形城公園の「エドヒガン」を見てきました。 【皆野~児玉ドライブ】 長瀞~皆野方面へここは前橋長瀞線 皆野町出牛 ~島原の乱で逃げ延びた隠れキリシタンがこの地にやって来て「ゼウス」をもじって名付けたのが →「でうし」~という説があるそうです。また、この近くにある「出牛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1133 男衾桜の里の「カタクリ」の花見頃

3月19日、故郷への帰途、男衾自然公園桜の里に寄りました。早咲きの桜と「カタクリ」の花がちょうど見頃でした。 男衾稲荷を拝んで山を登り始めました。(山と言っても小さな小さな丘のようなものです。) 足元にカタクリが咲いています。山のふもとで出会った方の話によると、カタクリの群生は別の斜面にあるとのことです。ここはまばらに咲いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1120 パン屋さんの歌

3月5日、1都3県 緊急事態宣言2週間延長。県活に行かなくなって早1年が過ぎました。 伊奈町散歩の途中、県活近くの「おひさまぱん」に久しぶりで寄りました。 パン屋さんに行くとつい口をついて出る歌があります。 ♪ぱんやさんの歌 ♪パン屋さんのお店の前をかけて通りゃ~ パン屋さんのお店の中はパンだらけ~ アンパン、ジャムパン、クリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1115 夕方の田舎散歩

ここ数日やんごとなき用事があり美里に行ってきました。 土曜日の夕方、母のデイサービスのお迎えをし、その後散歩に出かけました。時刻は5時過ぎ。 丘の上の畑は梅の花盛り。 花の畑は春を待つ植物が育っていました。 ❁ゴテチャの苗 ❁チドリソウの苗 ❁チンゲン菜の花 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1098 エアコンが壊れた!!

母のいる部屋のエアコンが効かないと妹から連絡がありました。 1月中旬にその場しのぎでオイルヒーター(デロンギ)を設置しましたが、どうも部屋が暖まらないらしいのです。 天井は吹き抜けになっていて熱効率は悪いし、エアコンは古いときたら・・・もう新しいのに買い替えるしかないかも? 夏に冷房が効かなかったら母は生きていけないので、買い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1096 長瀞児玉線峠越えドライブ

2月7日午後、実家の母と1時間半ほどの美里周辺ドライブをしました。 母は週1回のデイサービスが楽しみ。送り迎えのドライブで町内をあちこち回るのも楽しみのひとつのようです。 そこで、デイサービスの時よりもちょっと長めの遠出ドライブをしてみました。 行程 美里(2:55)~円良田湖~波久礼(秩父往還)~野上(長瀞児玉線)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№1074 2021年田舎の正月

コロナ禍で生活が一変してしまいましたが、正月の山里の風景は何もなかったの如く穏やかです。 1月1日、集落のお寺の紅梅がちょうど見ごろになっていました。 庚申様 道路の拡張工事で壁面に埋め込まれてしまったようです。 コロナ退散には効き目はないのでしょうかね~? わが家の前の山に登って、北の赤城山や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1064 母の庭の「フユノハナワラビ」

実家の母の庭に冬のハナワラビを発見しました。 第一発見者は母!!去年まではなかったとのこと。 私は子どもの頃、畑の畔でこの植物を見て以来です。 昔はよく見たものです。冬、花のない時季に土手でこの植物だけが輝いて見えました。 夏の終わりに小さな葉を広げ・・・ 冬に花のような胞子葉を伸ばします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1063 冬の男衾自然公園ハイク

12月12日(土)、美里の実家への帰途に寄居町の男衾自然公園に立ち寄り、山登りをしました。 男衾自然公園の山登りは今回で3回目となります。今までは正面の男衾稲荷から登るコースでしたが坂が急で大変でした。そこで今回は楽をしようと逆コースを辿ってみることにしました。 〇コース 駐車場~東通り・東尾根通り~杉林~南尾根通り~堂の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1019 「櫻井理人・あゆみの陶展」~吉田家住宅にて~

2020年10月3日、故郷美里町への帰途、川島町から小川町へ。 「櫻井理人・あゆみの陶展」のご案内をいただいていたので、開催場所の吉田家住宅を訪れました。 【重要文化財 吉田家住宅】 吉田家住宅は享保6(1721)年に建築された、実年齢がわかる埼玉最古の民家。国の重要文化財建造物に指定されています。 入母屋造り、茅葺屋根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1018 金笛しょうゆパーク

2020年10月3日故郷美里町への帰途、江戸時代から続く歴史のある場所を2か所訪ねました。上尾を出て川島町上井草にある「金笛醤油」と、小川町の「吉田家住宅」を目指しました。 「金笛醤油」へは初めてなので、道を尋ねなから、やっとたどり着きました。 【金笛しょうゆパーク】 「金笛醤油」は寛政元年創業の老舗醤油蔵。 創…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1008 9月の美里

ここ何日か美里に帰っていました。9月の美里は端境期でした。 ブルーベリーの収穫は終わり、稲刈りはまだ。何にもないふるさとです。 【収穫の終わったブルーベリー畑とゴルフ場】 【山際の荏胡麻畑】 収穫はまだまだ!! 【きれいに耕された我が家の田んぼ】 稲を作っていた時も、作らなくなってからも・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1002 ゴーヤ佃煮

先月末に故郷に帰った際に、実家の裏ん家の嫁さんから梅干しやら茄子やらゴーヤやらどっさりいただいてきました。 裏ん家の嫁さん(と言っても嫁に来たのは40年以上も前のことですが…)のタカちゃんは私の小中学校の時の同級生です。長年の銀行勤めを終えた後、ご主人の農作業を手伝っています。漬物が上手で冬は白菜、夏は梅干しやぬか漬けなどを漬けて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№994 熱中症警戒アラート

8月11日は熱中症警戒アラートが発表されました。 埼玉県では体温を超える気温。すぐ隣の群馬県伊勢崎市では日中40.5℃!! 美里でも山の裾に熱気がこもり、39℃の暑さ。 <その日の朝> なんと・・・92歳の母は朝づくりに草むしりをするといいます。 この草だらけのブルーベリーの畑を・・・ 娘の私が「止めて。」と言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№985 いとこのひまわり畑・その2

今週も用事があって2泊3日で故郷に帰ってきました。 1週間前、花盛りだったいとこのひまわり畑が脚光を浴びているようです。 なんと!!いとこのひまわり畑の記事が「埼玉新聞」に載ったのです。 別の従姉妹からの連絡で知りました。道行く人が止まって見ているとのこと。 今のひまわり畑 1週間前と比べると種が充実した感じで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№979 ブルーベリージャム

美里ではブルーベリーが熟し、摘み取りが始まりました。 遠くに住んでいる孫たちはブルーベリーが大好きなので、美里産ブルーベリーをジャムにして送りました。 砂糖を入れて煮詰め・・・ 瓶詰めして、ラベルを張って・・・ 袋詰め クール宅急便で・・・ いってらっしゃ~い!! 明後日の午前中には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№978 いとこのひまわり畑 

今週の後半は実家の用足しに美里まで行ってきました。 用事は排水管の高圧洗浄!! 水回りの流れが悪くなったという母の訴え。この際~しっかり洗浄というわけです。 2時間ほどで作業終了。 そうこうしているうちに、いとこがやってきて、敷地内の草刈り作業をやってくれました。 背丈ほどに育った雑草!! 草の種類も年々頑丈そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

№973 大雨特別警報「警戒レベル5」

2020年7月3日と4日、埼玉県北部の実家に帰り、お盆のためのお寺への挨拶やら叔母の一周忌の仏様拝みやら用事を済ませてとんぼ返りしました。 実家の母は夜中に目が覚めるとラジオを聴くのが常です。4日の未明も深夜便のリスナーになっていました。 ところが、いつもの夢うつつのご機嫌な様子と違うのです。真剣そのもの。起き上がってラジオを聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№942 美里でツキノワグマ捕獲

週末から県北美里の実家に用足しに行ってきました。 一人暮らしをしている実家の母(91歳)と、これまた一人暮らしの妹の義母(88歳)、ふたりのおばあさんの用足しに3週間に1回くらいの割で帰っています。 5月23日(土)の町の防災無線の内容にびっくり!! ・・・防災無線要約・・・ 小さなツキノワグマ捕獲 場所円良田地区…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

№922 長泉寺の「骨波田の藤」

5月1日(金)、母と一緒に児玉町の長泉寺の「骨波田の藤」を見てきました。 母は昨年の5月5日にも、デイサービスの遠足でここを訪れたようです。 長泉寺は室町時代に創建された曹洞宗のお寺。児玉三十三霊場三十一番札所。 本堂前の左右二つの棚の藤が「骨波田の藤」といわれていて、埼玉県指定の天然記念物です。 山門を入ると藤の香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№899 田舎道を歩く

2020年4月11日(土)、久しぶりに美里に帰省。この日は週1回の母のデイサービスの日。 母に「お帰り」をするまでにちょっと間があったので山越えの散歩をしました。 ●家から見た菜の花畑と野山 ヤマザクラがちらほら・・・ (山桜の在り処はこの季節しか確認できません) ●裏の丘の上からの眺め 山里の風景そのもの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№898 春の低山ハイク:男衾自然公園

2020年4月11日(土)、実家へ帰る途中、隣町寄居にある「男衾自然公園」の小山を歩きました。 小さな山が尾根でつながっていて、山と山の間の谷は水生花園になっています。 山の木々は萌黄色に芽吹き、桜やヤマツツジが咲き、山野草が山肌で花を開き、山はにぎやかな春の息吹が感じられました。 山里の風景に出会うと、遠い昔が偲ばれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№829 2020正月の「円良田湖」

2020年1月1日お寺さんに新年のご挨拶をした後、 母と町内をドライブしました。 母は週1回のデイサービスの行き帰りに送迎車で町内ドライブを楽しんでいます。そこで・・母の普段行かない所をドライブしてみました。 場所は「円良田湖」 円良田湖は美里町と寄居町にまたがる人造湖。農業用のため池です ここは私が小学校の頃に遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№828 山里の暮れ仕事

山里の暮れの仕事は慌ただしい。 実家は91歳の母が一人暮らし。 お正月の餅の手配 米の精米 庭の植木の剪定 くね刈り  大きくなりすぎたトチノキの枝おろし 伸びすぎた柚子の木の剪定・・・ その他諸々仕事がいっぱい!! それらの仕事のすべてを親戚総出で手伝って(?)くれています。 私たちがわが家の正月準備を終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more