テーマ:

№785 鹿児島市内・桜島早回り観光

2019年9月9日(月)水俣を昼前に出て、午後は鹿児島市内と桜島を早回りする定期観光バスに乗車しました。 3時間55分で鹿児島市内・桜島のよかとこを早回りしました。 鹿児島中央駅前発(13:30)→城山展望所→(桜島桟橋)~(桜島港)→湯之平展望所→(桜島港)~(桜島桟橋)→仙巌園→鹿児島中央駅着(17:25) ◆城山展望所 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№759 旅のお土産

クラスメートの I さんからお土産をいただきました。 先週休みだったので心配していたのですが、旅行に行かれていたようです。 オリーブオイルソープがいい香りです。 ありがとうございました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№729 鹿児島の桜:休眠打破失敗?

去る4月2日、鹿児島中央駅付近をちょっと散歩しました。 南国鹿児島とは思えぬ寒さの中、西郷隆盛・大久保利通ゆかりの場所を訪ねました。 驚いたことには…桜がちらほらしか咲いていませんでした。 3月25日には開花宣言がされたのだそうですが…(水俣では花盛りだったのに!!) 1週間たってもこの状態。 鍛治屋町 下級武士の屋敷 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№723 春の湯の児温泉『海と夕やけ』

3月から4月にかけて、水俣に1週間ほど滞在しました。そのうち3泊を湯の児温泉『海と夕やけ』にお世話になりました。肌寒い日が多かったのですが、『海と夕やけ』は春の装いとなっていました。 チェリーラインの和田岬公園から見た『海と夕やけ』 『海と夕やけ』のエントランスを入ると、見事な桜の花が出迎えてくれます。 名前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№674 海と夕やけ:レストラン

水俣滞在中の4泊を湯の児温泉「海と夕やけ」でお世話になりました。 この宿は・・・お湯良し・部屋良し・食事良し そして何よりホテルのスタッフの方々の心温まる対応が素敵です。 ~最高のお食事を提供してくださるレストラン紹介~ 地元の新鮮な海の幸と旬の味覚を楽しめるお料理の数々 ≪ 夕食 ≫ 不知火海に沈む夕日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№651 過ぎゆく夏・・海と夕やけ・・

台風が過ぎ、何となく秋の気配が漂う8月の下旬。 水俣の湯の児温泉「海と夕やけ」に数日間滞在しました。 「海と夕やけ」はかれこれ10年近くお世話になっている馴染みの宿。 ●  楽しみの一つは、不知火海に沈む夕日。 刻々と変化する海や空の色に身を任せているとほっと癒されます。 夕やけを映す窓 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№545 「湯の児温泉 海と夕やけ」のお料理

水俣滞在中のはじめと終わり合わせて8日間「湯の児温泉 海と夕やけ」に宿泊しました。 水俣を訪れるたびにお世話になっている大好きな宿です。 じゃらんアワード2016~泊まってよかった宿1位受賞(九州地区)~というホテルです。 刻々と変わる不知火海の海の色や絶景の夕日が全室から楽しめます。 温泉は極上の泉質で一日の疲れが癒されま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№536 水俣に来て10日

水俣に来て今日で10日目。 今朝は雨が降っていて、山に雲がかかっていました。 街のすぐ近くまで山が迫っています。 九州新幹線の線路が見えます。 水俣は秋が深まっています。(もう暦の上では立冬ですがここは南国ですから。) 近くの山からガマズミを切ってきました。 ●出水の蜜柑 先日、県境を越え鹿児島…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

№465 鹿児島中央駅周辺史跡めぐり

5月7日は鹿児島中央駅近くの宿に1泊し、翌日帰途につきました。 最後の夜は鹿児島満喫!! 夕方、ホテルまで送ってきてくれた息子と焼酎などちょっと1~2杯。 鹿児島中央駅で息子としばしの別れを惜しんだ後、観覧車で桜島と鹿児島市内を一望。 桜島は噴煙が確認できます。 観覧車の中でもうすでにほろ酔い気分。 いつもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№463 水俣・湯の児温泉おススメの宿と農場

水俣へいくと必ず訪れるのが・・湯の児温泉。 湯の児温泉におススメの宿と農場があります。 温泉の宿は『海と夕やけ』、農場は『湯の児スペイン村 福田農場』    湯の児温泉と山の上のスペイン村  ≪ 海と夕やけ ≫・・海と夕日を眺めて過ごす、自由に気ままな宿・・ ホテルのガラスに映る天草の島々 窓辺の席で食事をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№462 熊本城~今を残し、未来へつなぐ~

2017年5月6日、熊本城の歴史の1ページを見てきました。 震災前の数年間、幾度となく熊本城に足を運んだものでした。 殊に孫のタケルが誕生した2015年は、熊本市に滞在した2カ月間、日々の生活の風景の中に熊本城がありました。 震災後、熊本城の変わり果てた姿を見るに忍びなくて行かなかったのですが・・・ 行ってよかったです。傷だらけ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

№461 東洋のナイアガラ曾木の滝~出水武家屋敷群へ

5月3日(水)、息子たちにドライブに連れて行ってもらいました。 水俣から県境を越え、鹿児島方面へ・・・。 ○コース 曾木の滝(鹿児島県伊佐市)~曾木発電所遺構(伊佐市)~出水武家屋敷群(出水市)~野間之関跡(出水市)  ≪東洋のナイアガラ・・曾木の滝≫ 曾木の滝は鹿児島県伊佐市の川内川上流にある滝。 高さ12メー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№460 水俣旅

ゴールデンウィークの5月1日(月)~8日(月)、水俣へ行ってきました。 5月1日の羽田発[10:05]鹿児島行きのJAL645便は・・「JALドラえもんJET」でした。 ドラえもんのぬいぐるみと一緒に写真を撮ることができます。 ドラえもんの特別塗装の機体です。 子供たちは大喜び!! かわいいドラえもんに大人も和やかな気分でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№361 山奥の廃校跡と廃線・山野線大川ループ

久木野の愛林館を出て、県道人吉水俣線をさらに東の山奥に進むと、鹿児島県との県境。 県境の手前が大川地区。 大川地区には分校の廃校跡と廃線となった旧国鉄山野線大川ループ跡があります。 ○久木野小学校大川分校跡 県道から左手に折れ、車1台やっと通れるくらいの急な坂道を登ったところにぽっかり空いた広場。 そこが大川分校跡。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

№337 メーグルで巡る名古屋半日観光

10月9日、名古屋半日旅満喫。 ○朝目覚めると外は雨でしたがホテルの17階の部屋からの眺めは最高。 目の前に斬新なデザインのビル、モード学園スパイラルタワーズ!! 下から見ると・・・こんなふうに見えます。 駅前は高層ビルが立ち並んでいます。 ○地下街の喫茶店で名古屋名物「モーニング」体験 最初にマフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№280 芭蕉の歩いた風景~立石寺~

山形駅から観光タクシー(山寺参拝コース)に乗って、おくのほそ道ゆかりの地の立石寺を訪ねました。 元禄2年5月27日、芭蕉は尾花沢の人々に勧められて、立石寺に参詣した。 そのときに読んだ有名な一句が・・・   ◆閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声   芭蕉  ~立石寺は全山ひっそりと静まり返っているよ。その静寂の中で、蝉の鳴き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№279 大正浪漫 銀山温泉の旅

旅番組でおなじみのあの銀山温泉に行ってきました。(2016年6月5日・6日) 河鹿鳴く銀山川の清流と、両側に三層四層の旅館が軒を連ねる温泉街は想像以上に風情がありました。 銀山温泉に到着したのはまだ日の高い午後2時半頃。 夏の銀山温泉散策コースを1時間ちょっとかけて歩きました。 ◆夏の銀山温泉散策コース〈おてごろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№278 芭蕉の歩いた風景~大石田・尾花沢の旅~

大石田駅~銀山温泉まで「駅からカンタクン」という観光タクシーに乗車し、大石田と尾花沢の芭蕉ゆかりの地を案内していただきました。   ≪ 大石田 ≫ 尾花沢の西南一里ほどの地。江戸時代は最上川の酒田に通う川船の発着所(河港)として栄えた所。 芭蕉は元禄2年5月28日~30日、最上川を舟に乗って下ろうと思い、晴天になるのを待ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№277 「とれいゆ つばさ」で行く山形の旅 

リゾート列車「とれいゆ つばさ」に乗って山形の旅をしてきました。 一泊二日の旅で強行スケジュールでしたが、いろいろな所を観光できました。 ●日程 6/5(日)  大宮   8:10……新幹線やまびこ505……9:39 福島  福島  10:20……とれいゆつばさ1号……11:59 大石田 大石田 12:10…駅から観…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

№267 鹿児島ぎゅぎゅっと半日旅 「 かごしま水族館」

5月9日、九州最後の宿泊は「JR九州ホテル鹿児島」、鹿児島中央駅から0分。 午後1時過ぎから鹿児島中央駅を起点にして、ぎゅぎゅっと半日旅をしました。 鹿児島中央駅 1:15…シャトルバス…鹿児島港 1:30…桜島フェリー…1:47 桜島港…2:25≪サクラジマアイランドビュー≫3:25 …桜島港 3:30…桜島フェリー…3:4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№266 サクラジマ アイランドビュー

5月9日、雨の桜島を観光しました。 鹿児島港から桜島フェリーに乗り、桜島西エリアを「サクラジマ アイランドビュー」という循環バスで巡りました。 ●鹿児島港 1:30 桜島フェリーに乗る。            1:47桜島港に着きます。 ●サクラジマ アイランドビュー 2:25~3:25 バスで観光 桜島西エリアを回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№264 肥薩線白石駅

5月7日、新緑の肥薩線沿いドライブに連れて行ってもらいました。 球磨川と並行して走る肥薩線の白石駅に立ち寄り、駅でお弁当を食べました。 白石駅は現在無人駅。明治時代の肥薩線開業当初のままの造作で、昔を偲ぶことができます。 お弁当は芦北産の地蛸がたっぷり入った たこめし  上り線に八代行きの列車が入ってきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№263 湯の鶴迎賓館「鶴の屋」特別コース

5月7日「鶴の屋」のレストランでディナーをいただきました。 湯の鶴迎賓館「鶴の屋」は、「ななつ星」のデザイナー水戸岡鋭治氏が手掛けた和モダンの館で、湯出川の清流と周囲の山々に包まれた隠れ里に忽然とあらわれたような館です。そして、お食事は「はな阿蘇美」によるプロデュースとのこと。     昼の鶴の屋 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№262 湯の鶴温泉・鶴水荘

水俣市湯の鶴温泉にある「鶴水荘(つるみそう)」は和モダンの心安らぐ宿です。 5月6日鶴水荘で、孫の初節句祝の昼食会を開いてもらいました。 二組のじちゃん・ばあちゃんと孫のタケルくん一家の計7人集まることができました。 すくすく成長する孫を見ながら、地の食材を使ったおしゃれな創作会席料理を堪能し、楽しいひと時を過ごしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№261 初夏の水俣の自然

5月4日から5月10日、初夏の水俣を訪れました。 目的は、孫の初節句のお祝いのため。それに…熊本地震見舞いを兼ねての訪問。 水俣は熊本・阿蘇地方のような大きな被害はありませんでしたが、地震はまだ続いています。 息子の家の玄関には、大きな非常用持ち出しリュックが用意されていました。 前回の訪問から2カ月余り、水俣はすっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№221 湯の児「海と夕やけ」

『 湯の児 海と夕やけ 』は九州の地中海といわれる不知火海を望む美しいホテルです。 目の前のしらぬい海、その向こうの天草の島々を見ているとゆったりした気持ちになります。 晴れた日の夕日が美しいのはいうまでもありませんが、日が沈んでしまった後の湯の児島のライトアップもこれまた趣があります。 春がそこまできている水俣湯の児温泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№220 湯の児スペイン村の河津桜見頃

2016年2月26日、湯の児スペイン村福田農場の河津桜が見頃を迎えています。 桜の向こうには、九州の地中海といわれるしらぬい海を望むことができます。 濃いピンクの桜の花びらが透きとおっています。 蕾もきれいです。 農場では、3月19日、20日、21日に「農場桜まつり」がおこなわれるそうです。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№219 ショートトリップ 津奈木

2月下旬病院からの帰り道、水俣からちょっと足を延ばして津奈木方面をショートトリップしました。 訪れたのは「重盤岩(ちょうはんがん)」と海に浮かぶ「赤崎小学校」。といっても、遠目に見ただけなのですが・・・ 旅番組でおなじみの所です。 ★「重盤岩」は津奈木町の中央にそびえている高さ80メートル奇岩で熊本百景のひとつ。 国道3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№218 湯の児温泉の家庭的な宿「松原荘」

2月下旬、熊本県水俣市の湯の児温泉・松原荘に1週間ほどお世話になりました。 今風のホテルとはちょっと違いますが、家庭的ななんとなく懐かしい感じのする旅館です。 ★おすすめ① 新鮮な地の魚介を使った食事!! ・○○サバのおつくり (サバの名前を聞いたのですが忘れてしまいました。) 甘くて弾力がありおいしことこのうえありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№109 肥薩おれんじ鉄道・水俣駅リニューアル

肥薩おれんじ鉄道・水俣駅が水戸岡鋭治さんのデザインにリニューアルされていました。 遊び心満載。しかも、バリアフリーや環境重視と現代のニーズにこたえた設計。 水俣市の新たなにぎわいスポットとなりそうです。 ●コンコースに入ると水戸岡さんワールド!!        改札口と切符売り場 ●待合室は水俣ゆか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more