テーマ:文化遺産

№816 川の立体交差:見沼代用水と綾瀬川

上尾市瓦葺に見沼代用水と綾瀬川が立体交差している所があります。 場所は上尾市立瓦葺中学校のすぐ南東側。 見沼代用水は行田市やさいたま市など県内17市町を流れています。江戸時代に整備され、現代も使われているという歴史や技術に対する価値が認められ、「世界かんがい施設遺産」登録が決まったとのことです。 <瓦葺伏越> 今は綾瀬川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№708 梅香る早春の「吉田家住宅」

2019年2月22日(金)、小川町の「吉田家住宅」に足を運びました。梅ほころぶのどかな山里にはもう春が訪れていました。 吉田家住宅は、享保6年(1721年)建築された、実年代のわかる埼玉県内最古の民家。 国の重要文化財建造物に指定されています。(平成元年指定) 斜面を上っていくと建物が見えてきます。 建物全体・・・立派で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more