テーマ:水俣

№916 甘夏ミカン

今日、水俣から「甘夏ミカン」が届きました。 熊本県立芦北高校 農業科の生徒さんたちの育てた甘夏ミカンです。 いただきます。 水分たっぷりの美味しい甘夏ミカンです。 ご馳走さま。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№911 産直野菜「サラたまちゃん」

水俣サラたまちゃん 昨日水俣からサラたまちゃんが届きました。 水俣のサラたまちゃんはJAあしきたブランドの玉葱です。辛みが少なくそのまま生で食べられるたまねぎなのです。 お嫁さんの実家のおかあさんがこの時季になると毎年送ってくださいます。近所の親戚にもおすそ分けして・・・いただきます。 伊奈屋敷の野菜 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№807 いざ水俣

2019年11月13日(水)~19日(火)まで1週間ほど水俣へ行ってきました。 用件は・・・息子が東京へ出張のため、水俣の家が手薄になり大変なので孫守りをするためです。 息子は羽田へ降り立ち、私は羽田から飛び立ったというわけ!! 夫は用事があり数日後追いかけてきました。 ○孫たちは4歳と2歳になりました。 ~1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№784 湯の児の夕日

3週間の水俣滞在中、台風や秋雨前線の影響でほとんど不安定な天候でした。 2019年9月8日(日)は水俣で過ごす最後の夕方。 湯の児では、直前までの凄まじい雨が去り、天草に沈む美しい夕日を望むことができました。    [ 海と夕やけ602号室]からの眺め 湯の児温泉「海と夕やけ」には水俣滞在中のはじめと終ばんの計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№783 水俣の棚田米

わが家はかれこれ7年、水俣の棚田米をいただいています。 水俣山奥の久木野という水の豊かな地区の棚田でとれた本当においしいお米です。 ◆2019年8月30日(金)、水俣滞在を機に、このお米のふるさとを訪ねるドライブに出かけました。 そして・・・お米を育ててくださっている吉井さんのお宅を目指しました。 ・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№779 3週間の水俣生活

ブログ1か月ぶりに再開 2019年8月19日(月)~9月10日(火)までの約3週間、水俣の息子一家と生活をしてきました。 引越しをする息子たちの手伝いと、2人の孫たちの世話(というより…遊んでもらう??)のために九州に行ってきました。 8月19日(月) 羽田空港発11:55・・・✈・・・鹿児島空港着14:30…空港シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№227 水俣銘菓:美貴もなか

水俣名物といえば、何といっても小豆餡がたっぷり入った「美貴もなか」!! 旅番組で時々放映されています。 この店の「美貴」おばあちゃんが、もなかの名前の由来だということです。 休日になると美貴もなかの近辺の道路が渋滞します。 お店の前には行列ができていました。(びっくり!!) 普段はこんな静か~な環境です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№726 春の「湯の児スペイン村福田農場」

福田農場は、不知火海を望む水俣市湯の児地区にある、甘夏みかん畑の丘の上の農場です。 「湯の児スペイン村福田農場」は観光農園の他、レストランやパン工房、直売店などを併設し、環境に配慮した物づくりをしている水俣らしい観光地です。 福田農場から望む春の穏やかな不知火海 向こうに見えるのが天草の島々。水俣の海は穏やかです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№725 水俣の再生

最近『希望のつくり方』(岩波新書・玄田有史著)という本を読みました。 その中に、「水俣の再生」のことが書かれていました。          (水俣の海が見えます。) こんな内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ○「希望」という言葉と関連の深い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№723 春の湯の児温泉『海と夕やけ』

3月から4月にかけて、水俣に1週間ほど滞在しました。そのうち3泊を湯の児温泉『海と夕やけ』にお世話になりました。肌寒い日が多かったのですが、『海と夕やけ』は春の装いとなっていました。 チェリーラインの和田岬公園から見た『海と夕やけ』 『海と夕やけ』のエントランスを入ると、見事な桜の花が出迎えてくれます。 名前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№675 みなまるキッチンでランチ

11月14日、息子のお嫁さんに「みなまるキッチン」へランチに連れて行ってもらいました。 「みなまるキッチン」は水俣中央商店街にあるカフェ兼ワーキングスペース。 ・・商店街のメガネ屋さんとケーキ屋さんがメインで作る街のあたたかい居場所・・だそうです。 商店街の皆さん(多分若者だと思います)で共同運営するお店ということです。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№674 海と夕やけ:レストラン

水俣滞在中の4泊を湯の児温泉「海と夕やけ」でお世話になりました。 この宿は・・・お湯良し・部屋良し・食事良し そして何よりホテルのスタッフの方々の心温まる対応が素敵です。 ~最高のお食事を提供してくださるレストラン紹介~ 地元の新鮮な海の幸と旬の味覚を楽しめるお料理の数々 ≪ 夕食 ≫ 不知火海に沈む夕日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№651 過ぎゆく夏・・海と夕やけ・・

台風が過ぎ、何となく秋の気配が漂う8月の下旬。 水俣の湯の児温泉「海と夕やけ」に数日間滞在しました。 「海と夕やけ」はかれこれ10年近くお世話になっている馴染みの宿。 ●  楽しみの一つは、不知火海に沈む夕日。 刻々と変化する海や空の色に身を任せているとほっと癒されます。 夕やけを映す窓 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№545 「湯の児温泉 海と夕やけ」のお料理

水俣滞在中のはじめと終わり合わせて8日間「湯の児温泉 海と夕やけ」に宿泊しました。 水俣を訪れるたびにお世話になっている大好きな宿です。 じゃらんアワード2016~泊まってよかった宿1位受賞(九州地区)~というホテルです。 刻々と変わる不知火海の海の色や絶景の夕日が全室から楽しめます。 温泉は極上の泉質で一日の疲れが癒されま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№463 水俣・湯の児温泉おススメの宿と農場

水俣へいくと必ず訪れるのが・・湯の児温泉。 湯の児温泉におススメの宿と農場があります。 温泉の宿は『海と夕やけ』、農場は『湯の児スペイン村 福田農場』    湯の児温泉と山の上のスペイン村  ≪ 海と夕やけ ≫・・海と夕日を眺めて過ごす、自由に気ままな宿・・ ホテルのガラスに映る天草の島々 窓辺の席で食事をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№265 水俣ローズフェスタ春2016

エコパーク水俣バラ園のローズフェスタに行ってきました。 広々とした園内に750種6500株のバラがきれいに咲いていました。 アーチやパーゴラ、バラの道、もやいローズなど工夫が施されていて時間の経つのも忘れてしまいます。 またいろいろな催し物もバラに彩りを添えます。 訪れた日は地元アーティストによるライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№263 湯の鶴迎賓館「鶴の屋」特別コース

5月7日「鶴の屋」のレストランでディナーをいただきました。 湯の鶴迎賓館「鶴の屋」は、「ななつ星」のデザイナー水戸岡鋭治氏が手掛けた和モダンの館で、湯出川の清流と周囲の山々に包まれた隠れ里に忽然とあらわれたような館です。そして、お食事は「はな阿蘇美」によるプロデュースとのこと。     昼の鶴の屋 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№262 湯の鶴温泉・鶴水荘

水俣市湯の鶴温泉にある「鶴水荘(つるみそう)」は和モダンの心安らぐ宿です。 5月6日鶴水荘で、孫の初節句祝の昼食会を開いてもらいました。 二組のじちゃん・ばあちゃんと孫のタケルくん一家の計7人集まることができました。 すくすく成長する孫を見ながら、地の食材を使ったおしゃれな創作会席料理を堪能し、楽しいひと時を過ごしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№261 初夏の水俣の自然

5月4日から5月10日、初夏の水俣を訪れました。 目的は、孫の初節句のお祝いのため。それに…熊本地震見舞いを兼ねての訪問。 水俣は熊本・阿蘇地方のような大きな被害はありませんでしたが、地震はまだ続いています。 息子の家の玄関には、大きな非常用持ち出しリュックが用意されていました。 前回の訪問から2カ月余り、水俣はすっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more